えび屋

えび家からのお知らせ

2011.08.02
えび家の最新情報01…
法善寺横丁は江戸時代、参拝者や芝居小屋に…
2011.08.02
えび家の最新情報02…
昭和25年に初代の割烹店か昭和25年に初…

えび家の雰囲気

えび家の歴史

えび家の歴史

弊店は、昭和25年に初代の割烹店から始まりますが 昭和46年に二代目が趣味であったスキューバダイビングで 潜った海で、この美味しい伊勢えびを都会のお客様にも召し上がって頂きたい 気持ちで、漁師町に移住し漁師さんとの信頼を結び 当時は今ほど輸送手段も確立されていない中 空輸で大阪まで輸送しながら伊勢えび専門料理屋として 努めてまいりました。
平成22年に代替わり致しました 現三代目店主につきましても 今では、輸送手段も発達し日本全国、色々な漁港から 今まで培った目利きを生かしお客様の為に 良い伊勢えびを仕入れ 更に、お客様に支えられ喜んで頂けるよう日々努めております。

法善寺横丁の由来

法善寺横丁の由来

法善寺横丁は江戸時代、参拝者や芝居小屋に向かう客を目当てに茶店や露天が境内にできたのが始まりである。
 法善寺横丁は昔、極楽小路と呼ばれていて、法善寺横丁と呼ばれるようになったのは、昭和15年(1940)に長谷川幸延が「オール讀物」で「法善寺横丁」という小説を発表したことに始まる。
幅が約2.7メートル、長さがおよそ100メートル弱の隘路である法善寺横丁が今に至るまで、多くの落後家や文化人、芸人に愛されてきたのは、かつて法善寺横丁に金沢亭と紅梅亭という寄席があったことと、肩と肩が触れ合うほどの狭い石畳の路地の風情がその理由と考えられる。
休日の法善寺横丁は、昼間お不動さん隣の夫婦善哉へ入る人が多く、夜になると料理屋、洋酒バー、串カツ屋、お好み焼き屋に入る人で毎夜横丁を賑わしている。

伊勢えびの由来

伊勢えびの由来

伊勢えびは三重県伊勢志摩地方を代表する食材であり、 美味しさは云うまでもありませんが、長いヒゲと 曲がった腰を持つ姿は長寿のシンボルにも例えられ、 たいへん縁起の良い食べ物としても知られています。 また「いせ」の名が付いた由来には「威勢(いせい)がいい海老」 が縮まって「いせ海老」と呼ばれるようになったという説もあります。 また、「三重県のさかな」にも指定されています。

ご予約はお気軽に